2009年04月29日

lenny で24時間ワンセグ野郎(その3)

今日はいよいよ再生部分について構築を行おうと思う。

http://www.telnet.jp/~mia/sb/sb.cgi?cid=5 から player.pl差し替え版をとってくる。

各 perl ファイルの先頭の1行を環境に合わせて編集。たとえば、以下のようにする。

#!/perl/bin/perl^M

#!/usr/bin/perl

http://code.google.com/p/perlrtmp/downloads/list から segwrapper を拾ってきて、同じディレクトリに配置。 define.pl の $BaseDir を環境に合わせて書き直す。

また、必要な perl モジュールを以下のようにしてインストールする。

# apt-get install libtime-modules-perl
# apt-get install liblwp-useragent-determined-perl
# apt-get install libjcode-perl

以下の Win32 関係の行をコメントアウト。

use Time::Local;^M
use LWP::UserAgent;^M
#use Win32::Process;^M
#use Win32;^M
$packet_size = 4096;^M

また、親ディレクトリ上に cache ディレクトリも作ってやる。

% mkdir ../cache

このディレクトリを www 上に公開して、 CGI を実行できるようにする。そうすると、 www 上から、指定したディレクトリで東京の番組表が見えるようになる。地域によっては以下の操作で番組も閲覧できる。

http://code.google.com/p/perlrtmp/downloads/list から perlrtmp を拾ってくる。そして、
% server.pl ~/ts
(注)番組の再生がおわったら、このコマンドの終了は Ctrl+C 。

これだけ。ただ、地域ごとのチャンネルあわせを行ってやらないと別のチャンネルが見えてしまったり、まったく写らなかったりするはず。次は地域ごとの番組表の設定を行いたいと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28761887

この記事へのトラックバック