2009年05月03日

lenny で24時間ワンセグ野郎(その5)

再生画面にある「TSファイルをダウンロード」。 Windows では動くが、 linux ではちょっとした変更が必要、といっても気づけば簡単に動く。

まず、 download.pl の先頭 perl へのパスを修正。

次に segwrapper.pm を開いて中を以下のように編集。

=====
#my $TSFOLDER = "D:\\TS";^M
my $TSFOLDER = "/home/tam/ts";^M
^M
sub DateTimeToFullPath {^M
        my $Base = shift;^M
        my $Ch   = shift;^M
        my $tm   = shift;^M
        my($y,$m,$d,$h,$n,$s,$str,$datstr);^M
        ($s,$n,$h,$d,$m,$y) = localtime($tm);^M
        $str = sprintf("%02d%02d%02d%02d",$y % 100,$m+1,$d,$h);^M
        $datstr = sprintf("%02d%02d%02d",$y % 100,$m+1,$d);^M
        #return ($Base."\\".$datstr."\\".$str."_Ch".($Ch+0));^M
        return ($Base."/".$datstr."/".$str."_Ch".($Ch+0));^M
}^M
=====

つまり、 TS ファイルへのパスを設定して、パスを UNIX 風に '/' に置き換えてやるだけ。

これで TS ファイルを保存できるので、対応プレーヤーがあれば、後から字幕放送とかも見れちゃう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28857187

この記事へのトラックバック