2009年05月03日

リモートデスクトップで動画再生(Windows7RC 評価)

一般公開前に Windows7 RC版を手に入れたので、早速 VAIO type P にインストールしてみた。

インストールする際に、リカバリ領域を消さずにクリーンインストールすることが、 HDD のフォーマットから次の段階へ進まず、断念することに。でも、 Skype をアンインストールすれば、アップグレードインストールは普通に可能。

十数回再起動した後、無事 Windows7 機へ。軽くなったかどうかはよく分からないが、一通り触った後、ふと Windows7 の新機能であるリモートデスクトップでの動画再生を試してみることに。

で、これをまっとうに行うには、新機能対応リモートデスクトップサーバ(つまり Windows7 Premium(?)以上)と対応リモートデスクトップクライアント(つまり、現在は Windows7)が必要なのだが、そこまでマシンリソースが余ってるわけないので、考えなしに Vista から Windows7 につなぎに行くことに。

比較対象は XP から XP へつないだ場合。でまず、ログオン方法が違っていて、パスワード要求ダイアログが出てくるのだが、これは Vista からの機能なので、驚いたことが自分の時代遅れを感じさせた。

で、肝心の動画再生には、 Youtube のなぜか「ハレ晴レユカイ」。まぁ、対応クライアントを使ってないし、 Flash は無理だろうと思ってたのだが、コマ落ちしながらも一応見れる。これが XP 同士だと、コマ落ちは同じなのだが、映像と音声が 1,2 秒ずれて再生されるのだが、 Windows7 はそれを見越して音声もずらして送信してくれてるらしい。

もちろん、 Windows7 がリリースされた際には、 XP 用のリモートデスクトップクライアントも動画再生に対応した版にバージョンアップされ、コマ落ちなど関係なく見れるようになると思われるが、この実験結果から対応フォーマットでなくても改善があるということが分かった。

あと、試しに今流行の「ザ・クイズショウ」を MP4 化したものも見てみたが、やはり音ずれしない。いろいろと小技を利かせてるようだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28859888

この記事へのトラックバック

venuscozy.com
Excerpt: 数学ハカセの憂鬱
Weblog: venuscozy.com
Tracked: 2017-01-18 07:23