2009年11月02日

フルセグでワンセグ野郎

新たなワンセグチューナが手に入らないし、アンテナ線をつなぐのが大変なので、フルセグチューナでワンセグ野郎を構築してみた。

まずはフルセグチューナで TS を抜けるようにする。その後、 TsSelect をちょろっと改造して、標準入力、標準出力を扱えるようにする。その後、 dvbstream.sh を以下のように作る。

-----dvbstream.sh
recfriio $1 - - | tsselect - - 0x0014 0x0027 0x1fc8 0x0200 0x0281 0x0283
-----EOF

解説:0x0014 は TOT でこれがないとワンセグ野郎が TS を食ってくれない。 0x0027 は EPG データでこれで SQLite3 を用いて番組表を生成する。残りはワンセグ用データ。

あとは、 OneSeg24 for Linux で上記の dvbstream.sh を使うように設定するだけ。これでフルセグチューナでワンセグ野郎環境が構築できる。

追記. ワンセグデータには暗号かかってないので、フルセグチューナで抜く TS には復号かける必要はないです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック